健康サポート

地域の健康ステーションを目指します。

調剤薬局としての機能を越えて、地域の皆さまの健康で豊かな暮らしづくりに貢献するために、お一人おひとりの健康状態に合わせた提案ができる健康ステーションを展開しています。

病気にならないようにするのも、薬局の大切な役目です。

処方せんがなくても、気軽に来てもらえる店舗づくりを心がけています。

ささゆり薬局は、薬剤師・栄養士による健康相談を実施しています。総合的な健康アドバイザーとして、患者さまや地域の皆さまが安心して毎日を過ごせるよう、日常生活における健康づくりに必要なアドバイスを行い、さまざまなサポートを行っております。

時代はセルフメディケーションへ。

時には、管理栄養士による食生活のカウンセリングもしています。お薬のことだけではなく、食生活を通じて、ご自身の健康を見つめ直してもらうことも大切だと考えています。

管理栄養士による栄養指導

地域包括ケアシステムは、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるシステムです。地域包括ケアシステムの中で『食』は重要なところにあります。管理栄養士は『食』を通して、生活習慣病の発症予防や介護予防、重症化予防等に貢献しています。

管理栄養士

地域の方々の健康を守るために、管理栄養士の栄養ケア活動を通して、地域との連携を深めるとともに心から信頼していただける「かかりつけ薬局」となることを目指しています。

1. 薬局内での栄養相談

薬局の中では薬剤師や事務員と連携して、外来業務の中で管理栄養士による栄養相談をおこなっています。薬局では生活習慣病等に関する食事の相談をよく受けます。

2. 栄養改善・食生活改善に関して地域コミュニティでの健康教室開催

地域には町内会や老人クラブ、地域サロン、認知症カフェ等、様々なコミュニティがあります。管理栄養士等がコミュニティに直接伺い、健康づくりのための健康教室をおこなっています。

測定会

ささゆり薬局では、簡易型の骨密度測定器を使って骨密度測定を行っております。利用している方だけでなく、薬局を利用していない地域住民に対しても、地域サロン、健康教室等の場で、出張測定会も行っています。

地域での講演会

地域の健康フェアをはじめ、老人会や介護施設、公民館や集会所などで講演等を行っています。ご要望いただいた内容をもとに、講演内容を考えています。時には、測定機器等も利用して皆様が楽しく参加でき、何か一つでも役に立てる内容になるように取り組んでいます。